ホームサイスモは従来法+PLUM法によるハイブリッド対応を行う予定です

ホームサイスモ製造発売元株式会社エイツーより下記の発表がありましたのでお知らせします。

HomeSeismoユーザ各位

いつも緊急地震速報受信機HomeSeismo(ホームサイスモ)を
ご利用いただきまして、ありがとうございます。

「気象庁 緊急地震速報の技術的な改善」の対応についてお知らせ致します。

気象庁では緊急地震速報の技術的改善として、2018年3月下旬から、
緊急地震速報の新たな手法を導入する予定です。

これにより、現在の緊急地震速報電文の仕様変更及び新規電文の配信が
開始されます。
新たな手法では、緊急地震速報の予測精度が向上します。

ホームサイスモは、仕様変更される緊急地震速報(警報・予報)、
及び新規で配信が開始されるリアルタイム震度電文に対応し、
従来法+PLUM法によるハイブリッド対応を行う予定です。

サービス提供要件、費用等については、準備が整い次第別途ご案内させて
いただきます。

詳しくは下記PDFファイルをご確認ください。
>「気象庁 緊急地震速報の技術的な改善」の対応についてPDF(95KB)
今後ともホームサイスモをよろしくお願い致します。

株式会社エイツー
HomeSeismoカスタマーセンター
http://www.a-2.co.jp/homeseismo/
http://hs.a-2.co.jp/
サイスモネットワーク 地震から、自分を守り地域を護る
http://www.a-2.co.jp/seismonetwork/

PLUM法の概要

気象庁:緊急地震速報の資料より
http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/plum/index.html